gfd

Guitar Study

《続・独習者のためのステップアップ講座
by Shingo Fujii

1
Loading
h
shingo

CHAPTER 3
右手と左手の同期

第3節「素早い動きによって右手と左手の同期を訓練」

  ここでの練習は第1節と第2節の注意 が完全に理解され、実行できていなければ 意味がありません。
  【課題3-4】を練習してください。これらはすべて素早く弾くことによって効果が得られます。しかし最初から慌てて無理なスピードで練習しても、かえって逆効果を招くばかりです。1 つ1 つの音が綺麗に、そして右手と左手の順番がきちんと守られていることを確かめながら実行してください。素早く練習するようにとは言いましたが、おそらく最初はかなりゆっくりと始めた方がよいのです。少しずつスピードを上げていくこと。そして音の数は、最初は最も単純であり、基本である「2 個」から始め、段階的に増やしていってくださ い。

3-4
*クリックして譜例(画像)を拡大表示