gfd

Guitar Study

Nocturnal by B.Britten by Shingo Fujii

Loading
h

IV. 不安げに Uneasy

fd

 ここでも音の動きは完全に主題旋律の二つのの動機から生まれています。特にこの変奏は演奏するためのイマジネーションが必要かもしれません。実は私はこの変奏を聞くといつも、黄泉の国の暗がりに横たわる屍が時折痙攣するように動いている・・・、そんな不気味な光景を連想してしまいます。変奏の最後に聞かれるピチカートのリズムはそのまま次の「5. 行進曲のように」ヘとつながります。